代表挨拶

当社の企業理念は「全社一丸となって、面白いコンテンツをまじめに考え、つくる(造る・創る)」。
ゲーム制作はチームプレー。一人ひとりが生みの苦しみを味わいながら、和を以て仕事をする必要があるからこそ、社内イベントを積極的に開き、チームで仕事をしていることを理解してもらうよう努めています。
制作の現場では男性も女性も関係ありません。もし女性社員が結婚や出産を機に退職してしまえば、会社は一人の大切な技術者を失うことになります。ですから、創業当初から「長く働き続けられる環境作り」にも注力し、女性社員が出産後も安心して職場復帰できるよう制度を整えています。

「ゲームが売れない」と言われて久しい昨今ですが、逆にゲーム業界としては最高の環境が整ったと私は考えています。

その理由は、大きく3つあります。

一つは、家庭用ゲーム機のヒットを機にゲームが文化として認知されたこと。

一つは、携帯電話やスマートフォンの登場。もう一つはネットワークの普及により、面白いものを世界中の人に届けることができる環境となったことです。

これらの理由により、ゲーム業界はより一層発展していくと考えています。
夢は、自社作品をどんどん生み出し、発信できる企業にすること。

ここまで支えてくれたゲーム業界に多くのものを還元しながら業界全体の底上げをし、ゲーム業界の礎になることを目指しています。

1966年東京都生まれ。高校生の時にゲーム業界へ飛び込み、ゲーム雑誌の編集者、ゲームデバッガー、ゲームプランナーなど数々の職種を経験後、仲間3人と共に1994年にマトリックスを設立、代表取締役に就任。趣味はゲーム・パチンコなどの電子遊戯全般、園芸、果物狩り。
このページの先頭へ
このページの先頭へ
© Matrix Corporation All Rights Reserved.